海女うちわ ただようふたり

$
+tax

日永うちわ

 

志摩市の銅版画作家吉田賢治氏の作品を用いて日永うちわをつくりました。三重県の志摩といえば海女、海女を描いた作家といえば吉田賢治。 「涼をとる」とは涼むことですが、肌に感じる温度を下げることだけではなく、「涼」は五感で感じるものです。その知恵と感性は現代にも生きています。日永うちわの素材は竹と和紙。まして電力も使わないうちわは究極のエコ商品。インテリアとして目にも涼しく、扇いでも涼しい。私達はプラスチックでは感じることができない本物の風をお届けしたいと願っています。

日永うちわ

Hinaga Uchiwa are fans that were originally brought to Japan from China via Korea. Which dates back to the Nara period (AD 710~784), depicts the fans being used by nobles as decorations, to cover their faces, and shield from the wind, sunlight, and dust. In the Sengoku period (16th century) the fans were popular among samurai commanders. Japanese handmade bamboo fans are classified into three common types based on their handle. Our Hinaga Uchiwa fans are made in the Marue style. The whole fan is made from a single piece of thin bamboo. The round handle ensures the fan fits comfortable in the hand. Also, Hinaga Uchiwa fans are made from female bamboo plants, the same kind of bamboo used as fishing rods. The thinly split fibers create a strong, but elastic framework, much like a wooden bow. It is difficult to form a flat fan from a round piece of bamboo, but our high level techniques create fans with distinctive characteristics that ensure they create a pleasant breeze.

うちわは、風や光、塵を防いだり、顔を隠したり、装飾用として、中国から朝鮮を経て伝わり、奈良時代に貴族の間で用いられたのが始まりと言われています。戦国時代には武将の軍配としても用いられました。手作りの竹うちわは、持ち手の部分の作りから、大別すると「平柄(ひらえ)」「挿柄(さしえ)」「丸柄(まるえ)」の三種類があり、日永うちわは「丸柄(まるえ)」になります。一本の細い竹をそのまま使っており、柄が丸く、手によくなじみ、持つとひんやりと心地よい感触がします。釣竿と同じ女竹(めだけ)を使っており、それを細かく割き、交互に袋状に編んでいるので、竹が弓のようにしなります。立体的な竹を平らな扇状に張り上げるので、加工が難しく、高い技術が必要ですが、そのために、扇ぐ風が柔らかくなびくという何とも優雅で独特な持ち味を醸し出しているのです。

https://www.inatoh.co.jp