やまとたちばな酢

$
+tax

とこよの郷

A seasoning based on apple cider vinegar, in which the fruit of the Toba tree “Yamato Tachibana” has melted. Please use it by mixing it with sweets and dishes.

鳥羽の木「やまとたちばな」の果実が溶け込んだ、リンゴ酢がベースの調味料です。 スイーツやお料理に混ぜてお使いください。

 

とこよの郷

This village mainly cultivates the Toba city tree “Yamato Tachibana”. Tachibana is a sacred tree that has been cherished since ancient times in Japan. was expressed. According to the “Kojiki” (Records of Ancient Matters), it is written that Tajimamori brought back the eternally fragrant fruit from Tokoyo-kuni by order of Emperor Suinin. The evergreen fruit tree “Yamato Tachibana” is associated with eternity, immortality, and rejuvenation, and “Eternal Land” has been regarded as a utopia. “Tokoyo no Sato” was quoted from these legends.

この郷は、鳥羽市の木「やまとたちばな」を中心に栽培しています。 橘は日本古来より大切にされてきた聖木で「日本書記」「古事記」や「万葉集」では「非時香果(ときじくのかぐのこのみ)」つまり、永遠に香っている果実と表現されていました。「古事記」によると垂仁天皇の勅命により田道間守(たじまもり)が常世国から永遠に香る果実を持ち帰ったと記されています。常緑果樹である「やまとたちばな」は永久不変、不老不死、若返りなどと結び付け、「常世国」は理想郷とされてきました。「とこよの郷」はこれらの言い伝えから引用させていただきました。

https://www.instagram.com/tokoyonosato/?hl=ja