森のおべんとう Forest tree’s bento box(中国)

$
+tax

ICHIBAMOKKO

広島の森の木で作ったおべんとう型の木製おもちゃです。
木工所としては珍しい女性だけの会社で、ひとつずつ心を込めて手作業で作っています。食品衛生法に合格した国産塗料を一部にのみ使用し、木の肌触りや香り、優しさを詰め込んだおもちゃで、誕生日のプレゼントやインテリアとしても人気です。
木の文化はもちろんのこと、日本のお弁当文化も伝わるように、水引のデザインのゴムバンドと伝統的なお弁当箱であるわっぱに詰めました。
おにぎり(ヒノキ)、うめおにぎり(ヒノキ)、ハンバーグ(ホオノキ)、たまごやき2個(ヒノキ)、ミニトマト(ヒノキ)、レタス(フェルト)が入っています。緩衝材にヒノキやスギのカンナリボンを使っていますので、こちらは、サシェの袋につめて乾燥材代わりにもなります。
環境負荷を抑えるため、木材は人工的な乾燥したものを極力減らし、自然に乾燥させたものを使用しています。

These bento-shaped wooden toys are made of wood from the forests of Hiroshima.
The company is made by hand, one by one, with care and attention, by an all-woman company, which is rare for a woodworking factory. Using only some domestic paints that have passed the Food Sanitation Law, these toys are packed with the texture, aroma, and gentleness of wood, and are popular as birthday gifts and interior decorations.
To convey not only the culture of wood, but also the Japanese lunch box culture, we packed them in a traditional bento box, wappa, with a rubber band with a mizuhiki design and a traditional bento box.
It contains an onigiri (Japanese cypress), a plum rice ball (Japanese cypress), a hamburger steak (Magnolia), two tamagoyaki (Japanese cypress), a mini tomato (Japanese cypress), and lettuce (felt). We use Japanese cypress and cedar canna ribbons as cushioning material, which can also be used as drying material when packed in the sachet bags.
In order to reduce environmental impact, we use wood that has been artificially dried as little as possible and dried naturally.

 

 

 

 

一場木工所は、広島の田舎にある女性だけで運営する創業55年の木工所です。
製品は、2013年からの商品開発から、すべての商品でライフサイクルアセスメントの考えを元に、低環境負荷で、持続可能なものとして企画されています。
ご購入後のメンテナンスプログラムや不要になった後も廃棄せず回収し、新しいおもちゃに生まれ変わるサイクルを用意しています。
本来の木という素材を、幅広い世代の方に五感を使って樹種ごとの色や重さ、香りなどの違いを感じてもらいたいという想いから、なるべく自然乾燥した木材、無塗装をメインとし。塗装する場合も、食品衛生法をクリアした国産自然塗料を使用しております。
使用する木材のトレーサビリティを重視、また代表一場の技術士(林産)の知識を活かした、未利用の里山材の活用や乾燥方法の研究、サスティナブルな製品づくりを同時に行なっています。
一場木工所は、広島の田舎にある女性だけで運営する創業55年の木工所です。
製品は、2013年からの商品開発から、すべての商品でライフサイクルアセスメントの考えを元に、低環境負荷で、持続可能なものとして企画されています。
ご購入後のメンテナンスプログラムや不要になった後も廃棄せず回収し、新しいおもちゃに生まれ変わるサイクルを用意しています。
本来の木という素材を、幅広い世代の方に五感を使って樹種ごとの色や重さ、香りなどの違いを感じてもらいたいという想いから、なるべく自然乾燥した木材、無塗装をメインとし。塗装する場合も、食品衛生法をクリアした国産自然塗料を使用しております。
使用する木材のトレーサビリティを重視、また代表一場の技術士(林産)の知識を活かした、未利用の里山材の活用や乾燥方法の研究、サスティナブルな製品づくりを同時に行なっています。

Ichiibamokko is a 55-year-old woodworking company run entirely by women in rural Hiroshima, Japan.
Products are designed to be low environmental impact and sustainable, based on the idea of life cycle assessment in all products since 2013.
We offer a maintenance program after purchase and a cycle in which our products are collected instead of discarded and reborn as new toys even after they are no longer needed.
We use naturally dried and unpainted wood as much as possible, in the hope that people of all ages can feel the differences in color, weight, and aroma of each species of wood using all five senses. When painting, we use domestic natural paints that comply with the Food Sanitation Law.
We emphasize the traceability of the wood we use, and together with our president, who is a Professional Engineer (Forest/Forest Products), we are researching the use of unused satoyama wood and drying methods, and at the same time, creating sustainable products.

https://hinata.life/online-shop/