Scholastic Shrine

Tianlan Deng
$+ tax

Refashioned from a traditional Chinese school desk, “Scholastic Shrine” is a commentary on the emptiness and limited knowledge that Chinese students experience within their national education. While China’s education aims to enhance students’ culture and historical inheritance, its rote learning system creates a divide for the Chinese youth, delivering a shallow understanding of national history and emptying in-depth content. The little wood pieces coming through the desk evoke the residual ashes of incense burning. They contrast the empty shrine that hints the real disconnection between worshiping and true inheriting.

2017 / Wooden structure

Tianlan Deng
Born in Shanghai, Tianlan Deng holds an MFA in Architecture and Interior Design from The Pratt Institute, NYC. His work involves interdisciplinary practices including text-based installation, projected video media, architectural design and traditional Asian painting. Moving to the USA after 20 years growing under Chinese school educational system, Tianlan Deng has built a strong interest in institutional topics and architectural spatial design, with a focus on public school and progressive education. His master thesis is a design project cooperation with Rockaway Park High School at Beach Channel Educational Campus, NYC to creates art installations with projected media while improving the school’s prison-like interior atmosphere, offering an alternative learning experience and promoting students recruiting. Using miniature diorama, light, shadow, and video, Tianlan creates immersive experiences to unveil hidden similarities between current Chinese and American education and their political agendas. Tianlan Deng was the grand winning commissioned artist by Gatton College of Business and Economics (KY), for its Atrium Glass Wall Design in 2016 which features in its permanent collection. Other commissions involves The Lyric Theatre & Cultural Arts Center (KY), Fairmont Pace Hotel (PRC), and Tianjin Crowne Plaza (PRC). Tianlan’s works are exhibited internationally in the USA, Europe and China.

繁体字中国語の学校の机から改造された「ScholasticShrine」は、中国の学生が国の教育の中で経験する空虚さと限られた知識についての解説です。中国の教育は学生の文化と歴史的遺産を強化することを目的としていますが、その暗記システムは中国の若者に分裂をもたらし、国の歴史の浅い理解をもたらし、詳細なコンテンツを空にします。机から出てくる小さな木片は、線香の残りの灰を呼び起こします。彼らは、崇拝と真の相続との間の本当の断絶をほのめかす空の神社と対照的です。

2017 / 木製

Tianlan Deng
上海で生まれたTianlanDengは、ニューヨークのプラットインスティテュートで建築とインテリアデザインのMFAを取得しています。彼の作品には、テキストベースのインスタレーション、投影されたビデオメディア、建築デザイン、伝統的なアジアの絵画など、学際的な実践が含まれています。 Tianlan Dengは、中国の学校教育システムの下で20年間成長した後、米国に移住し、公立学校と進歩主義教育を中心に、制度的トピックと建築空間デザインに強い関心を築いてきました。彼の修士論文は、ニューヨークのビーチチャンネル教育キャンパスにあるロックアウェイパーク高校とのデザインプロジェクトの協力であり、学校の刑務所のようなインテリアの雰囲気を改善し、代替の学習体験を提供し、学生の募集を促進しながら、投影されたメディアでアートインスタレーションを作成します。ミニチュアジオラマ、光、影、ビデオを使用して、Tianlanは没入型の体験を作成し、現在の中国とアメリカの教育とその政治的課題の間に隠された類似点を明らかにします。 Tianlan Dengは、2016年に恒久的なコレクションに登場するAtrium Glass Wall Designで、Gatton College of Business and Economics(KY)から大賞を受賞した委託アーティストでした。その他の委員会には、リリックシアター&カルチュラルアーツセンター(KY)、フェアモントペースホテル(PRC)、天津クラウンプラザ(PRC)が含まれます。 Tianlanの作品は、アメリカ、ヨーロッパ、中国で国際的に展示されています。