Cv WoP #32

Kasia Zurek-Doule
$220.00+ tax

These days I identify primarily as a ceramic artist, but prior to discovering clay, I worked as a collage artist. Because of COVID closures, I once again turned to paper.

I am interested in how clay has motion, how it is ground down with time and how it is molded and coaxed and fired into a solid substance once again. Like my ceramic works, my works on paper focus on motion as well. By focusing on the surface tension between the inks and papers, I begin by creating creeping forms by manipulating the ink and paints with my breath.
http://www.kasiazudou.com
H: 7 1/2″ W: 5 1/2″
Collage, watercolor, ink on watercolor paper, 2020

これらの日は、私は陶芸家として主に識別しますが、粘土を発見する前には、私はコラージュアーティストとして働いていました。そのためCOVIDクロージャの、私は再び紙になりました。

私は、粘土がそれは時間とそれがどのように成形し、なだめ、再び固体物質中に発射されて削られるか、運動を持っているかに興味があります。私の陶芸作品、運動の用紙焦点に私の作品のようにも。インクとペーパーとの間の表面張力に焦点を当てることで、私は自分の息でインクや塗料を操作することにより、クリーピングフォームを作成することから始めます。”

H:7 1/2″ W:5 1/2″
コラージュ、水彩画、水彩紙にインク、2020