Prayer Flags

Kathleen Jean-Jacques
$5,000.00+ tax

Artist’s Profile

“Prayer Flags” is an installation piece dedicated to my mother and my other female ancestors. The title makes reference to tibetan prayer flags, which are strung in the wilderness and allowed to decay and send their prayers into the wind. However, just as each”flag” is composed of layers, there are layers of meaning in the piece. The installation is composed of embroidery, photos printed on fabric, and collage elements mounted on vintage handkerchiefs that belonged to my mother and aunts. When installed in the woods, the ephemeral quality of experience and connection with the sacred in nature is emphasized. However, when the piece is installed in my brooklyn backyard, the references to women’s work become more prominent. Images of ellis island in decay reference my immigrant ancestors’ experience and their labor in sweatshops. In this context, prayer flags become reminiscent of tenement laundry lines and speak of women all around the world who, like my mother, sacrifice their own creative ambitions while performing unpaid domestic labor in the service of others.

Photos, recycled handkerchiefs, embroidery and collage

Variable depending on installation

2018

As a mixed media artist, my work is a visual expression of my thought process. The materials and techniques used vary according to the ideas being investigated. Each piece represents a journey of experimentation from conception to creation.

The use of collage is a unifying element across all of my recent works , whether on canvas, paper or textiles. Juxtaposition and layering of materials and images reflect layers of meaning and the interplay between what is hidden and what is revealed.

https://www.artspswt.com/


Kathleen Jean-Jacquesはミクストメディアアーティストです。彼女の仕事は、思考過程を視覚的に表現したものです。使用する材料と手法は、調査するアイデアによって異なります。それぞれの作品は、構想から創造への実験の旅を表しています。

コラージュの使用は、キャンバス、紙、テキスタイルのいずれであっても、最近のすべての作品の統一要素です。素材と画像の並置と階層化は、意味の階層と、隠されているものと明らかにされているものとの間の相互作用を反映しています。

作品コンセプト
”「祈りの旗」は、私の母と他の女性の祖先に捧げられたインストールピースです。標題は、荒野に散らばっていて、彼らの祈りを崩壊させて風に送ることを許されているチベットの祈りの旗を参考にしています。ただし、各「フラグ」がレイヤーで構成されているように、ピースには意味のレイヤーがあります。インストールは、刺繍、布地に印刷された写真、および母とおばさんに取り付けられたヴィンテージのハンカチにマウントされたコラージュ要素で構成されています。木にインストールされた場合、エクスペリエンスの品質とMPの接続の品質はそのままです。ただし、ピースが私のブルックリンの裏庭に取り付けられている場合、女性の作品への参照はより顕著になります。崩壊参照におけるエリス島の画像私の移民の祖先の経験とスウェットショップでの労働この文脈では、祈りの旗は、私の周りの人と同じように、世界中で感情的な洗濯ラインと女性の話し声を思い起こさせ、他のサービスで無給の国内労働を行っている間、彼ら自身の創造的な野望を犠牲にします。”