Glass Instrument

Fotini Vurgaropulou
$3,650.00+ tax

Artist’s Profile

These pieces are inspired by the sound, tuning, tension and the construction of ancient, exotic musical instruments. This series consists of mulitple glass castings and kilnformed glass pieces, which are slumped, overlapped, drilled and assembled with a variety of steel hardware, found objects, mandolin and bouzouki strings that push the limits of these dense, yet fragile materials, further exploring color, friction, the “s”, and the emotionality of music and memory.

Kilnformed glass, bouzouki strings, metal hardware

20″x34″x1″

2014

Fotini was born in Greece and raised in Lowell, Massachusetts. She received a B.F.A. in Sculpture from RISD and an M.F.A. in Sculpture from Parsons School of Design. She lives and works in NYC as an artist. From 1992-94, Fotini curated and directed Dedicated Space, an alternative exhibition space in Park Slope, Brooklyn. She organized and curated exhibits, performances and studio tours that promoted both emerging and established artists. Fotini exhibits her work regularly, using a variety of media including plaster, cement, wax, glass, resin, found objects and hardware. Her work can be viewed in curated registries, on line at www.FotiniVurgaropulou.com, and in several art publications.

On-demand Merchandising available for US customers
T-shirt
Tote bag

https://www.artspswt.com/


Fotini Vurgaropulouはギリシャで生まれ、マサチューセッツ州ローウェルで育ちました。彼女は学士号を取得し、RISDとM.F.A.から彫刻のパーソンズスクールオブデザインで彫刻の博士号を取得しました。現在彼女はアーティストとしてニューヨークに住んでいます。 1992年から94年にかけて、フォティーニはブルックリンのパークスロープにある別の展示スペースである専用スペースをキュレーション・監督しました。彼女は、新興アーティストと確立された有名アーティストの両方を宣伝する展示、パフォーマンス、スタジオツアーを企画し、キュレーションしました。 Fotiniは、石膏、セメント、ワックス、ガラス、樹脂、発見されたオブジェクト、ハードウェアなどのさまざまなメディアを使用して、ギャラリー・商業空間など様々な場所で定期的に作品を展示しています。

作品コンセプト
“この作品は、サウンド、チューニング、弦の張り、古代のエキゾチックな楽器の造形に触発されています。このシリーズは、さまざまな鋼製ハードウェア、発見されたオブジェクト、マンドリン、ブズーキという楽器の弦、オーバーラップ、穴あけ、組み立てられた複数のガラスキャスティングとキルンフォームガラス片で構成されています。高密度で壊れやすい素材の限界を超えた上で、相応しい色を模索しました。摩擦や音楽と記憶の感情を表現しています。”

日本からのオンデマンド商品購入
Tシャツ
トートバッグ